浄土真宗のご葬儀


 ご葬儀は人生最後の最も厳粛な儀式です。浄土真宗〔本願寺派(=お西)以外の大谷派(=お東)、高田派、仏光寺派、興正派などでは「真宗」といいます〕の葬儀は、亡き人に永遠の別れを告げるという単なる葬送儀礼ではなく、遺族や縁故の者が集まり故人を偲んで共々に読経念仏して、尊い仏縁にあうという大切なご縁でもあります。 したがって、華美になることなく、また見栄や外聞にとらわれることなく、阿弥陀如来のおはたらきによってお念仏をいただかれてお浄土へ還られた故人を偲びながら、人生における生と死の問題にしっかり目を向けつつ、丁寧に浄土真宗にふさわしい葬儀を執り行いたいものです。
 世間には、仏教とは関係のない葬儀にまつわるさまざまな風習や世俗の迷信・俗信がありますが、それらに振り回されることのないように、正しい浄土真宗のご葬儀を行いたいものです。
 浄土真宗は、他宗に比べて一見タブーが多いように見えるかもしれません。また、一面排他的に見えるかもしれませんが、そこには、どうしても排さなければならない理由があるのです。

ここでは、臨終から通夜、葬儀、火葬、還骨、初七日法要、中陰までを解説しています。ファイルが長いので必要な所へジャンプすることもできます。
生前の準備(生前予約、お寺さんの準備)
臨終(遺体の安置、湯潅、枕飾り等)
(寺院の手配、臨終勤行(枕経)等)
(納棺、法名、式場づくり、葬場等)
通夜(意義、参詣・焼香作法、式後)
葬儀(意義、葬儀式次第、告別式等)
(出棺、火葬と収骨、埋葬許可)
葬儀をおえて(還骨、初七日法要)
中陰、四十九日法要、仏壇購入等
その他・注意すること
トップへ



生前の準備


[生前予約、お寺さんの準備]
 この世に生まれてきた以上誰でも必ず死は訪れます。突然の別れもあれば、長い病床の上でということもあり、どのような死の縁に触れるかはわかりません。それでも事前に心の準備が出来る状況であれば、事前に菩提寺さんなりにお話されておくことをお薦めします。
 もし、菩提寺等のご縁のお寺さんの無い方は、少なくても周囲に自己の属する寺院があるかどうか調べておくとか、ご縁を持っておくとかされた方がされた方が良いでしょう。特に浄土真宗の少ない地域とか都会においては、結果的に浄土真宗の僧侶が手配できなかったり、葬儀社さんに紹介されて来たのが自己の宗派の寺院僧侶では無かったり(最悪偽僧侶)というケースも聞かれるところです。
いざと言う時に慌てて取り返しのつかない後悔をしないためにも事前の準備をされておくのは決して悪いことではありません。また、お寺では葬儀社さんの情報も持ち合わせていますので、ニーズに合った葬祭業者さんをご紹介することも出来ると思います。
葬儀費用は、比較サイトなどネット上にも葬儀費用見積もりサイトもありますが、すべての内容の比較が必ずしも出来ませんし結果がご希望と異なるケースもありますのでよく考える必要があるでしょう。また、ネット上には単に紹介業でしかないNPO法人などもありますので安かろう悪かろうで後悔することの無いように念じあげます。
特に最近増えている家族葬では寺院費用を含めた予算を先に決めて出来る限りの事をするように努めてください。費用を抑える意味では大きな会館をいくつも持った互助会・葬儀社はお薦め出来ません。公営等の火葬場併設の斎場がある地域ではそのような施設を利用したほうが霊柩車もマイクロバスも不要に出来ますので費用の節約が出来るでしょう。

東京・神奈川については葬祭業者・葬儀社に関するより具体的な状況や現在の葬祭葬儀状況などを知る限りお知らせすることが出来ます。また浄土真宗寺院については寺院名簿から全国の所在地情報をお伝えし案内することが出来ます(本願寺派が主ですが、大谷派さんにつきましても多少ご案内が可能です。)。トップページのメール相談コーナーからメールしてください。


臨 終


[ご遺体の安置と湯潅]
 臨終を確認したら、ご遺体を整え顔を白布で覆い、遺体を納棺するまではできるだけ「北枕」に寝かせて安置します。「北枕」は、釈尊(お釈迦様)入滅時の頭北面西のお姿にちなんで風習となったものです。家の間取り等の都合によっては必ずしもそうでなくてもかまいません。
遺族の手によって、湯潅(ご遺体をお湯またはアルコールなどできれいに拭きます)を行います。最近は、病院や葬儀社が湯潅を代行することが多くあるようです。

[ご遺体を安置する部屋と枕飾り]
 ご遺体を安置する部屋は、仏壇のある部屋が最適です。浄土真宗の家には、たとえ分家の家でも必ずお仏壇があるはずなのですが、もし仏壇が無い場合や家の間取りの都合で他の部屋にご遺体を安置する場合には、必ずご本尊(「南無阿弥陀仏」の六字名号または阿弥陀如来の絵像)を奉懸(安置)します。ご本尊は、臨終勤行(枕経)依頼時に寺院・僧侶に申し出るか、葬儀社で手配します。ご遺体を仏間に安置するときは、仏前でおつとめをするのに無理がない位置に安置して下さい。
 なお、臨終の時、他宗では末期の水を飲ませることがありますが、浄土真宗では行いません。
 ご遺体の両手を胸の上で組ませて念珠を持たせ、顔は白い布で覆います。敷布団や掛布団などはなるべく白色で清潔なものを使用してください。
 ご遺体の前には、一切の荘厳(お飾りのことを荘厳といいます)をしないのが原則ですが、枕元に小さな机を置いてそれに白い布をかけ(または白木の机を用い)、その上に三具足(「みつぐそく」と読みます。香炉、花瓶、ロウソク立ての三つをいいます。)を置くことも(大谷派=「お東」では遺体の前には焼香用の香炉のみ)あります。もし荘厳(「しょうごん」と読みます。)をするときには、必ずご本尊を安置します。
 床の間がある場合、そこに南無阿弥陀仏の六字名号や聖教の文字などの掛け軸をかけることもあります。 なお、枕飾りに水や一膳飯、枕団子を供えたり、衣服を逆にかぶせたり、屏風を逆さに立てたり、魔除けの守り刀を持たせたりなどということは、浄土真宗では一切おこないません。
 浄土真宗では行わないとされている習俗(一膳飯、枕団子、守り刀、死に装束の類)については、浄土真宗の教義上もまた勤式作法上も行う必要がないということであり、これらのことを行うと故人や遺族に害を及すということではありません。


[お仏壇の準備](自宅に仏壇がある場合)
 浄土真宗の仏事は、すべてご本尊を中心につとめられますので、まず、お仏壇の扉を開け仏壇の荘厳をします。お仏壇の打敷を白か灰色のものに取り替え(無いときには日常の打敷を裏返して代用)、花瓶の花を色花から樒などの青木(常緑樹)に取り替え、灯明(銀または白の蝋燭)をともし、香をたきます。なお、お仏壇の扉は、通夜・葬儀のときにも開けておきます。


注意事項

(壇の前で勤行しますので、扉は開けておきます。仏壇の中には遺影・写真などは入れないで下さい。
∧壇を清掃し、荘厳をします。お仏飯は、故人常用の茶わん等には盛らず、普通の仏飯器に盛ります。
E明(銀の蝋燭、または通常の白の蝋燭)をともし、線香を供えます(線香は立てない)。
な花は色花を用いず、樒(何本でもよい)または常緑の青木(一年中、緑の葉のある木)にします。
ヂ派澆蓮白か灰色(銀色)のものにします。
 ◎掛け軸、額などに白紙などをはったり(紙封じ)、逆さ屏風などはいたしません。
目次に戻る


[寺院・僧侶の手配]
 臨終をみとったら、親族や友人など亡くなった方と縁の深かった人に連絡すると同時に、所属の手次寺(檀那寺・門徒寺ともいいます)に連絡を取ります。所属寺が遠方、地方にある場合にも必ず所属のお寺に一報します。この場合、所属寺がまたは所属寺と葬儀社との打ち合わせで、こちらの近くの寺院・僧侶を手配します。ここで注意しなくてはならないのが、同じ宗派だからといって勝手にこちらで近くのお寺を手配してしまうことです。この場合、所属寺との間で後に無用なトラブル(お墓が所属寺にあるときは納骨を断られるなど)が生じることがあり、後に苦情が生じることとなりますので注意してください。また、一般的に故人に対する「法名」は所属寺がつけますので、寺院間の連絡をこちらの寺院・僧侶に依頼してください。
 門徒としての所属寺が無いときや不明となってしまったとき、または現在の住居の近くに新たな所属寺を設けたいとお考えの方は、葬儀社の寺院よりもご本山や別院(本願寺派(=お西)の場合、築地本願寺など)の寺院案内または電話帳などを利用して調べてください。(当方でもTOPページの仏事相談メールにより寺院名簿からご案内できます。)
 近くに寺院があるのに葬儀社から遠方の寺院を紹介されたとか、葬儀後の法要を行うことが困難な寺院を葬儀社から紹介されたという遺族の話を最近耳にします、また最近都会では葬儀専門の派遣会社や葬儀社寺院などおかしなものも存在しますので、ご自分で寺院・僧侶の手配を行いましょう。

[臨終勤行](枕経)
 ご遺体の安置と仏壇の荘厳などの準備ができましたら、僧侶に臨終勤行をお願いします。臨終勤行は、人生の終わりに臨んで、生涯にわたって帰依してきたご本尊「阿弥陀如来」に対して行う最後のお礼の勤行です。一般には「枕経」と呼ばれていますが、遺体に対して読経するのではありません。どんなに忙しくても家族といっしょにおつとめさせていただきたいものです。
 仏壇の無い部屋で臨終勤行を行うときには、必ずご本尊(『「南無阿弥陀仏」の六字名号』または『弥陀如来の絵像』)を奉懸(安置)します。
 遺族は必ず念珠を持ってください。無ければすぐに購入して下さい。浄土真宗用の念珠は一輪の単念珠(在家者は二連珠を用いない)で、男性は紐房、女性は撚房です。
 所属寺以外のお寺に通夜・葬儀を依頼したとき(葬儀社が寺院・僧侶の紹介をしたとき)には、通夜・葬儀の依頼とは別に臨終勤行の依頼するか否かを決めてください。通夜時や葬儀当日に「臨終勤行をしてないのですが・・・」という声を聞くことがあります。
 遺体の前に菊灯一対を置くのが正式ですが、寺院で行う以外はほとんどが略されています。納棺時に使用する納棺尊号(棺書または棺文とも言う)を僧侶が紙に書き、遺体の上にのせておくこともあります。
目次に戻る


[納棺](納棺勤行)
 納棺する前に遺体を清拭し、男性ならヒゲをそり、女性なら薄化粧をします。白服を着せ(僧侶には衣体)、手に念珠(火葬の関係上必ず木製のもの)をかけ、胸の上で両手をあわせ合掌して納棺し、僧侶が納棺尊号(棺書または棺文とも言う)を入れた後、七条袈裟(修多羅をかけ)または棺覆いで覆い、荘厳を整えて、ご本尊の前に安置し納棺勤行を行います。
 納棺の際に浄土真宗では、「死装束」(旅じたくのことで、一般に遺体に経帷子を着せ、頭に三角巾、六文銭の入った頭蛇袋を首にかけ、手甲脚絆、草鞋に杖といったもの)は付けません。浄土真宗では、念仏の教えにうなずいたときに、阿弥陀仏のご本願によって浄土に還ることが約束されていますので、死出の旅路(冥土の旅)に出る必要も無ければ、順次入れ替わり七日ごとに裁判を受ける必要もありません。したがって、「死装束」は意味が無いのでつけないのです。つけてはいけないのではなく、つける必要がないのであります。
 納棺時には、白服(白衣)が正式ですが、故人が愛用していた清潔な衣服や故人にとって思いでのある衣服を着せるのもよいでしょう。ただし、逆さに着せたりはいたしません。
 納棺の際に僧侶が棺の中に入れる六字名号または十字名号を記入した納棺尊号は、紙に書かず棺のふたの内側に直接書くこともあります。また、納棺尊号を納棺時に入れることができなかったときには、葬儀当日の葬場勤行後(出棺時)に、遺族が最後のお別れとして棺内に花を入れるときに、遺族の入れる花と一緒に入れることもあります。

[法名授与](帰敬式) 
 生前にご本山で帰敬式(おかみそり)を受式し「法名」を授かっていなかった故人には、出棺勤行の前までに僧侶によって帰敬式が行われ、阿弥陀如来への帰依が表明され、仏弟子としての二字の「法名」(釋○○で三文字、女性には尼の字を加え四文字とすることもある)が授けられます。なお、浄土真宗では戒律がありませんので戒名とはいいませんから注意してください。
 浄土真宗の法名は僧侶と同一であり、釋○○の後に「居士・信士・大姉・信女」等の信者・在家を意味するものはつけません。平等を説く仏教ですから、文字数が多いと位が高いなどということはありません。
 臨終勤行(枕経)・納棺勤行を行わなかったときには、通夜式または葬儀の前に帰敬式を行い、故人に法名を授与します。

[式場づくりと葬場の荘厳]
 自宅で通夜・葬儀を行う場合は、導師をつとめる僧侶が着替えたり、休憩する控え室を忘れずに用意してください。浄土真宗の仏事は、すべてご本尊を中心にいとなまれるのですから、葬儀壇(荘厳壇とも言うが、祭壇とは言わない)の正面には、必ず、ご本尊(『「南無阿弥陀仏」の名号』、または『阿弥陀如来の絵像』)を用意しなければなりません。最近では故人の遺影を飾ることがほとんどですが、遺影を飾るときは葬儀壇の中心を避け、左右いずれかにずらして、ご本尊が見えなくなることのないようにしたいものです。
 葬儀壇の荘厳は、五具足(または三具足)で紙華一対と餅一対、菓子一対、果物一対などの供物をお供えします。コップ水はもちろんお茶、お酒、塩みそ、一膳飯などはまったく不要です。お仏飯をお供えするときには、仏飯器を用い(茶碗は用いない)本尊の前にお供えします。
 遺体を納棺した棺は、僧侶としての最高の礼装である七条袈裟(修多羅をかけ)で覆い(七条袈裟が無いときには七条袈裟に模した棺覆いで覆って)安置します。
 正式には、通夜と葬儀ではその式場づくり(お棺の位置など)や壇上の荘厳(通夜は三具足で花は赤色を避けた生花、葬儀では五具足に紙華四本ずつ一対で生花は壇外左右など)が異なりますが、寺院で行う以外は葬儀に合わせた葬儀壇の荘厳でよいでしょう。

 葬儀壇の用意ができたましら、浄土真宗の儀式作法に合っているかを導師をつとめる僧侶に見ていただいてください
目次に戻る





通 夜


[通夜の意義]
 通夜とは文字どおり、葬儀の前夜に近親者や友人、知人など故人と苦楽を共にした人々が仏前に相集い、安置したご遺体を見守り、故人を偲ぶということです。人生で最も悲しい別離である「死」という現実に直面して、遺族とともに在りし日の故人を偲びつつ、その死を他人事とせずに、自分の問題として、真実のみ教えであるお念仏に出あわせていただく大切な仏事です。ですから、雑談にふけったり、むやみに飲食することのないように注意が必要です。

[通夜勤行]
 通夜のおつとめは、定められた作法により執り行われます。おつとめは、できるだけ導師とともに唱和するようにしたいものです。通夜のおつとめよりも弔問客への挨拶に忙しいご親族の方を見受けますが、おつとめの最中は挨拶の場ではありませんので、儀式に集中していただきたいものです。会葬者への挨拶は、出棺のときに行うものですから、儀式の最中に挨拶をする必要はありません。
 読経内容は、地方によっても異なりますが、本願寺派(=お西)では「仏説阿弥陀経」または「正信偈」(関東では「初夜礼讚偈」を用いることもある)、大谷派(=お東)でも「仏説阿弥陀経」または「正信偈」を用いるのが一般的です。
 合掌礼拝時は、導師に合わせて行うようにします。なお、御詠歌は他宗の作法であり、浄土真宗では用いません。
 法名の授与が済んでいない場合、通夜式の前に帰敬式(法名授与)を行うことがあります。

[参詣の作法]
 参詣者が仏前で礼拝する時に線香を立てているのを見かけることがありますが、浄土真宗では線香を立てません。線香は江戸時代中期に考案されたもので、燃香という正式な作法を略式にしたものです。そのため、たとえ線香を用いても形は燃香に近いように線香を香炉の大きさに合わせて二、三本に折って、横に寝かせて供えます。
 ここで注意したいのは、おつとめ(読経)をしないで合掌・礼拝だけを行う場合には、決して「キン」(「リン」ともいいます。)を鳴らさないということです。キンは、読経等の際に導師(調声人)が出音(最初の発声)の音の高さ合わせ、また他の周りの者に読経の速さを知らせるための仏具で、定められた作法に従い定められた場所で使用するものです。まちがっても呼び鈴のようにチンチン鳴らさないでください。

[焼香の作法]
 焼香時の作法も宗派によって違いがあります。真宗でも各派によって多少異なりますが、浄土真宗本願寺派(お西)と真宗大谷派(お東)の作法は、次のとおりです。
     
  1. 焼香卓(香炉が置いてある机または台)の二、三歩前で、ご本尊に向かって一礼します。  
  2. 左手に念珠を持ち、焼香卓の前に進み(座敷のときには正座し)、右手で香盒(香の入れ物)の蓋をとって香盒の右端にかけ、右手で香をつまんで、持ち上げずにそのまま一回だけ(大谷派は二回)香炉にくべます。(このとき、香をつまんでから頭や額のあたりに持ち上げておしいただく人が多いようですが、浄土真宗では香をおしいただきません。) 
  3. 香盒の蓋をして、念珠を両手にかけて合掌し、お念仏を唱えながら礼拝します。  
  4. 二、三歩後ろにさがって、再度ご本尊に一礼して退出または自席に戻ります。

[通夜式後・その他] 
 通夜式の後に蝋燭の火や香を絶やさないようにとの配慮から、親族が交代で徹夜の番をするという習俗がありますが、浄土真宗ではそうしなければいけないということはありませんので、蝋燭の火を消して十分に睡眠をとるように遺族に案内しますと喜ばれます。もちろん、蝋燭の火や香を絶やしたからといって故人が迷うなどということはありません。
目次に戻る



葬 儀


[葬儀の意義]
 葬儀は、葬場において故人の死を厳粛に受け止め、故人を縁として一人ひとりが真実の教えにあい仏徳讃嘆させていただく仏事です。儀式として落ち着いた気持ちで厳粛にとりおこないましょう。
 古来、葬儀は、自宅でおつとめをして、おつとめの間に遺族が順次焼香し、その後、出棺となり、導師と遺族と会葬者が葬列を組んで葬場へ行き(野辺送り)、そこで葬場のおつとめがおこなわれた後に埋葬するものでした。しかし、最近では自宅であれ斎場であれ、時間を区切って一般会葬者が参列する葬儀が大変多くなっています。
 なお、現在行われている本宗葬儀の勤式は、本願寺第八代蓮如宗主の葬儀次第に準拠し、伝承されてきたものであり、他宗派で言う、引導をわたすことではありません。
浄土真宗のご葬儀では引導をわたすということはしません。そのような儀式もありません。

[葬儀式次第]
 喪主、遺族、近親者は定刻より早めに会場に入り、念珠を左手に持って所定の席に着きます。席次は壇に向かって右側が遺族、近親者で、最前列の一番中央寄りに喪主が座り、血縁順に順次座り、二列目以降も同様に着席します。
 導師が入場されたら、椅子席のときは起立して、座敷のときは正座して軽く頭をさげてお迎えします。導師が着席したら式がはじまりますので、合掌礼拝は導師にあわせて行ってください。
 なお、葬儀の手順は地方によって多少の違いがありますので、導師と事前に打ち合せを行ってください。ここでは、一般的な式次第を紹介します。
     
  1. 遺族・参列者入場、着席。  
  2. 導師入場、着席。  
  3. 開式の辞。  
  4. 勤行(おつとめ)開始。  
  5. 弔辞拝受。弔電代読。  
  6. 導師退出。  
  7. 閉式の辞。

[注意事項]
■「弔辞、弔電」には、浄土真宗の儀式にふさわしくないものがないか良く確認してください。浄土真宗の教えの上からふさわしくない用語や仏教以外の他の宗教で用いる用語は、使用しないように注意してください。主な例としては次のとおりです。 ■「ナレーション」(故人の略歴等)が入る場合は、式中をさけて式前か式後にして下さい。

[告別式]
告別式とは、葬儀終了後、亡き人に対し別れを告げる儀式で、宗教儀式ではありません。最近は、葬儀のことを告別式と呼んでいることがありますがこれは間違いです。しかしながら、最近は時間の関係上葬儀の中に告別式を取り入れているのが現状であり、そのために遺族が一般会葬者への挨拶に気を奪われて、葬儀の本意が見失われることもあります。葬儀は挨拶の場ではありませんので、故人と縁の深かった人たちで心静かに儀式を執り行いましょう。
目次に戻る



[出 棺]
 葬儀のおつとめが終わったら、出棺の準備に入ります。葬儀壇から棺をおろし、式場の中央に安置し、近親者等の内輪の者だけで最後の対面を行います。

 このときは、必ず合掌してお念仏を称えましょう。最後の対面が終わると、棺のふたに釘を打ち(「釘打ち式」は必要ありません)、近親者や故人と特に親しかった人たちの手で棺を霊柩車に運びます。このとき、棺の頭の方が先になるようにします。
 棺内に「納棺尊号」が入っていない場合、僧侶が納棺尊号を入れに来ることがあります。
 霊柩車が火葬場へ出発する前に、喪主または親族の代表者が、出棺の見送りをしている会葬者に対し会葬御礼の挨拶を行います。この挨拶のときにも浄土真宗にふさわしくない言葉を使用しないように遺族に注意してください。
 出棺のときに、茶わんを割ったり、わらを燃やしたり、お棺を回したり、往路と復路の道を変えたりする風習が各地にありますが、浄土真宗では行いません。これは日本古来の霊魂観にもとづくもので、霊が立ち帰り災いを及ぼさないようにという迷信やおまじないの類で、仏教的な考え方ではありません。お盆には戻ってこいという風習があり、葬儀のときには戻ってくるなという風習があるではつじつまが合いませんとは思いませんか。

[火葬と収骨]
 火葬場に着くと、棺は火屋(おかま)の前に安置され、棺の窓が開けられ、故人との本当に最後の対面をし、火屋へ棺を納めます。参列者は順次焼香を行い荼毘(だび)にふします。このとき僧侶が同行しているときは、ここで短いおつとめがあります。荼毘にふされている間は、控室に下がり収骨の連絡を待ちます。
 収骨の連絡を受けたら、火屋の前に集まり、火葬場の担当者の指示に従い二人一組となって渡し箸で骨を骨箱に入れます。このとき僧侶が同行しているときは、ここでも短いおつとめがあります。また、遺族が真宗門徒のたしなみとして、ご本山にも納骨(分骨)する場合がありますので、そのときにはここで分骨用の小さな骨箱も用意します。
 収骨が終わると、火葬埋葬許可証が返却されます。これを紛失すると墓地埋葬ができなくなりますので大切に保管しなければなりません。
目次に戻る



ご葬儀をおえて

[還骨(かんこつ)のおつとめ]
 葬儀を終えて、遺族とともに自宅に戻ってきたご遺骨、遺影、白木の位牌は、葬儀社で用意した中陰壇に安置します。中陰壇は仏壇の横に用意するのが望ましいのですが、部屋の都合で仏壇の前でもかまいません。なお、仏壇のない部屋に中陰壇を用意するときには、必ずご本尊を安置します。中陰壇の荘厳は、五具足でも三具足(「香炉」「花瓶」「ロウソク立て」の三つをいいます。)でもかまいません。遺骨、遺影は上段に安置し、お仏飯やお供物は下の段にお供えします。
[初七日法要](繰り上げ初七日法要)
 本来、初七日法要は初七日の日に行いたいものですが、最近では都会を中心に会場の都合や親族のお集まりの都合もあって、葬儀後の中陰期間中最初に行う初七日法要を繰り上げて、火葬場から帰るとただちに行うことが多くなっています(極端な例では、火葬場に行く前の式中に葬儀式に引き続いて行うこともあります。)。都会の場合、さまざまな事情でやむを得ないことと思いますが、その場合でも家族の者だけでも初七日の日には仏法に耳を傾けるご縁として法要を営む努力はしていただきたいと思います。
 初七日法要の会場では、必ずご本尊を安置します。壇の荘厳は、五具足でも三具足でもかまいません。ただし、「かげ膳」、「コップ水」、「酒」などはお供えしません。
還骨法要、繰り上げ初七日法要の後、一般に「精進落とし」といわれている「お斎」(食事)にうつります。
浄土真宗では、「献杯」は必要ありませんが、施主の挨拶後「ではどうぞ」では区切りがつかない等の理由で「献杯」を行うこともあります。僧侶と相談してください。
目次に戻る



[中陰(ちゅういん)法要](中陰の心得)
 中陰とは、人が亡くなってから四十九日間のことをいい、亡くなった日を一日目として数えます。そして、最初の七日目を初七日、次の七日目を二七日、以下同様に三七日、四七日、五七日、六七日となり、七七日(四十九日)を満中陰といいます。四十九日までの七日ごとを一節として七回繰り返すこの葬送儀礼は、十王経や十三仏事などのいわれから日本社会に定着したものといわれています。満中陰までの四十九日間に残された遺族は、七日ごとに追善の法要をつとめて故人の成仏を祈るという習俗がありますが、浄土真宗では阿弥陀如来のご本願のおすくいにより命終と同時に浄土に往生するという教えですから、追善や追福の供養ということではなく、故人の遺徳をしのび、人生の意義について考える良き仏縁として、深く念仏の教えに耳を傾け、仏法を味わうように心がけます。
 中陰の法要は、その土地柄によって、当日つとめる場合と、お逮夜(たいや)といって前日の午後につとめる場合とがあります。もっとも、浄土真宗のご門徒は、中陰に限らず毎日おつとめを行いますが、中陰の間の七日ごとには家族そろっておつとめを行いたいものです。なお、十五日以降が命日の場合など中陰の四十九日の期間が三ヵ月にわたると、「しじゅうく」が「みつき」から「始終苦が身に付く」などという語呂あわせで、満中陰を三十五日で切り上げてしまうという習俗が一部でまことしやかに伝わっているようですが、そんな子供じみた幼稚な語呂あわせの迷信に惑わされてはいけません。

中陰壇の荘厳

中陰壇はできれば仏壇の横に置き、上段に遺骨(骨箱)や遺影、また白木の位牌がある場合はそれも安置します。
 下段には三具足を配します。花立てには色花を用いず、樒または常緑樹(何本でもよい)を生けます。
仏壇の打敷等は、銀(灰)色または白地にします。
中陰壇は、満中陰(四十九日)が過ぎたら取り払います。白木の位牌を用いた場合 は、これも四十九日までの仮のものですから、仏壇の過去帳に法名を書き写し処分します。なお、浄土真宗ではお仏壇に塗の位牌は用いません。(九州など一部の地域では「繰出位牌」を用いる地域もありますが、正式ではありません。)
  また、一般に納骨もこの満中陰の法要が終わってから行うことが多いですが、土地の習慣や家庭の事情などによりさまざまで、いつまでといった決まりはありません。
自宅にお仏壇がない方には、できれば四十九日までにお仏壇を購入されることをお薦めします。(中陰壇もなくなり、手を合わせる場所がなくなりますので)

[満中陰(四十九日)法要]
 満中陰(四十九日)の日を迎えたら、遺族・近親者が集り満中陰(四十九日)法要を営みます。中陰壇は満中陰が過ぎたら取り払います(葬儀社が片づけにきます)。白木の位牌も四十九日までの仮のものですから、仏壇の過去帳に法名(他の宗派では戒名という。浄土真宗では戒律がないので法名という。)を書き写し処分します。四十九日の法要のときに僧侶に処分をお願いするとよいでしょう。なお、浄土真宗ではお仏壇に塗の位牌は用いません。(ごく一部の地域で繰出位牌や位牌型過去帳入れを用いる地域もありますが、正式ではありません。) また、一般に納骨もこの満中陰の法要が終わってから行うことが多いですが、土地の習慣や家庭の事情などによりさまざまで、いつまでといった決まりはありません。
 四十九日に納骨される場合、墓地に会館があれば、それを利用されると便利です。
なお、葬儀のとき、俗名のままで葬儀をされた場合、四十九日までには法名をお付けすることをおすすめします。

[お仏壇]
自宅に仏壇がない場合、できれば四十九日までに、お仏壇を購入されることをお薦めします。(中陰壇もなくなり、手を合わせる場所がなくなりますので)
浄土真宗の仏壇といえば、旧家の仏間に納められた豪華な金仏壇を思い浮かべます。金仏壇は、そもそもご本尊である阿弥陀如来の極楽浄土をありのまま表現したものです。亡き人が生まれさせていただいた「お浄土」(仏教では天国とはいいません。)を偲ばせていただきながら礼拝しようとして作られたものです。金仏壇は浄土真宗の象徴でありますので、できれば正式な金仏壇をおすすめいたしますが、必ず金仏壇でなければならないということはありません。お仏壇には、金仏壇と唐木仏壇とがありますので置く場所、予算等を考えておもとめください。ただし、浄土真宗の形にあったものであることが必須の条件です。
 仏壇・仏具店に行かれたら必ず自分の宗派名(浄土真宗本願寺派・・・通称「お西」または「西本願寺」)を伝えてください。なお、東京、神奈川、埼玉、千葉などの関東地区は浄土真宗の土地柄ではありませんので仏壇・仏具店が浄土真宗の仏壇、仏具に詳しくないことがありますので、注意が必要です。
 浄土真宗の仏壇・仏具店などは、お寺に問合わせれば、紹介いただけます。
仏壇が決まりましたら、ご本尊をお迎えします。ご本尊は、亡き人も私たちもともにすくってくださる『信仰上もっとも尊ぶべき礼拝の対象』であり、浄土真宗では阿弥陀如来さま(阿弥陀如来の絵像もしくは木像または「南無阿弥陀仏」の六字名号。ご家庭では「絵像」が一般的)です。ご本尊を仏壇の中央に安置し、左右両脇にお脇掛けという軸(右側に「親鸞聖人の御影」か十字名号「帰命尽十方無碍光如来」、左側に「蓮如上人の御影」か九字名号「南無不可思議光如来」)を掛けます。なお、ご本尊は本山(西本願寺)からお受けするのが正式です。(関東では築地本願寺が一番近いです)
 お仏壇の大きさにより、「20代」、「30代」、「50代」、「100代」といわれるように、ご本尊の大きさも異なりますので良く確認してください。
 ご本尊をお迎えしたときは、僧侶を呼んで「入仏慶讚法要(入仏法要、入仏式ともいいますが、開眼供養とか御霊入れとはいいません。)」を行います。

[お仏具とお飾り]
ご本尊を中心とした浄土真宗のお仏壇で最低限必要な仏具といえば、「仏飯器」、
「三具足((みつぐそく)と読み、「香炉」・「花瓶」・「ロウソク立て」の三つをいいます。)」、「過去帳」、「過去帳台」、「打敷」、「キン一式」、「経本(聖典)」、「御文章」(経本と御文章は仏具店にはございません)です。なお、茶湯器は用いません。他宗では、お茶やお水を供えることがありますが浄土真宗では供えません。お仏壇が中型以上の大きさでしたら華瓶、金灯籠、瓔珞、輪灯などというお飾も揃えてほしいものです。
お仏壇に詳しくは浄土真宗のお仏壇についてを参考にして下さい。
 なお、仏具の種類(色や形)やお飾りの形は、同じ浄土真宗でも私たち本願寺派(西)用のものと大谷派(東)など他派のものとは異なりますので注意してください。

※「お布施」はお経料ではありません。仏法を説く法施に対しての財施 のことです。したがって、表書きは「お布施」と書き、お経料、志などと書くのは間違いです。
目次に戻る



[その他・注意すること] 
●「清めの塩」と「忌中札」
 一般に葬儀の後で「清めの塩」を体にかけることがありますが、これは仏教的感覚ではない日本古来の「死は穢れである」という古代の考え方にもとづくもので、死体を嫌悪し、死体の腐敗に対するけがれを妨げることを期待した迷信の類にすぎず、仏教とは関係がありません。
したがって、葬儀のあとに塩をかけたりする必要はまったくありません。浄土真宗の盛んな地区では、葬儀の際に会葬御礼といっしょに塩をくばったりはしないのですが、都会ではいろいろな宗教をおもちの方が会葬におみえになりますので、塩を渡すのもやむを得ません。ただし遺族・親族の方々が故人を穢れと扱うことは厳に慎むべきです。
 同様に死を穢れという考え方につながる「忌中札」についても、ものを忌むということをしない浄土真宗の考え方からは相応しいものではありません。そのような物を貼らずに済ますのが望ましいのですが、近所への告知という意味でしたら「忌」や「忌中」ではなく「往生」とか「寂」とでも書いておきましょう。一部地域ではお浄土に還るという意味で「還浄」という用語を用いうように運動されている地域もあります。

●「葬儀日程」
「葬儀日程」を決めるときに、「友引」の日に葬儀をすると、語呂合わせで「友を引く」との連想から葬儀をしない習俗がありますが、宗教的な根拠のないまったくの迷信です。もともと「友引」は古い中国の「六曜」(「六曜」は仏教と関係がない。)の中で「共引」、共に引き合う、つまり勝負なし、引き分けを意味する日だったのです。長い歴史の中で「共」の字が「友」に変化したのだす。ですから、友引の日に葬儀を行ってもまったく問題はありません。(火葬場の休業日が友引の日となっている地区では葬儀の翌日に火葬をすることになります。)

●「御霊前」
 会葬者等が持参する御香典の表書きが「御霊前」となっているのがほとんどですが、浄土真宗では、通夜・葬儀共に「御霊前」ではなく「御仏前」とするのが正式です。浄土真宗では阿弥陀如来の本願力によって臨終と同時に往生成仏させていただく往生即成仏のみ教えであり、迷っている存在としての意味を表す「霊」の語は用いません。「御仏前」以外でも一般的な「御香典」「御香資」、「御香料」という表書きにしてもかまいません。

●十五日以降が命日の場合など中陰の四十九日の期間が三ヵ月にわたるため、四十九(始終苦)が三月(身に付く)などという語呂あわせで、満中陰を三十五日で切り上げてしまうという習俗が一部でまことしやかに伝わっているようですが、そんなくだらない語呂あわせの迷信に振り回されるようなことは浄土真宗ではいたしません。

目次に戻る

ホ−ムトップへ




過去帳(過去帖)の記入例は(MS-Word 2000形式)
クリックしてね










浄土真宗における年賀欠礼(喪中はがき)は? ココをクリックしてね


【参考文献】

「葬儀規範勤行集」 浄土真宗本願寺派 勤式指導所
「葬儀のしおり」浄土真宗本願寺派 大阪教区基幹運動推進委員会編集 大阪教務所
「新版浄土真宗」中西智海氏監修 世界文化社



[浄土真宗の仏事に関する推薦図書のご案内]
(お近くの本屋さんでも注文できると思います。500円から2千円までのものです。)
・「よくわかる仏事の本 新版浄土真宗」 世界文化社     →世界文化社のHPへ
・「仏事のイロハ」 本願寺出版社  →本願寺出版社出版物案内(リンク)
・「真宗の葬儀」 本願寺出版社   →本願寺出版社出版物案内(リンク)
・「浄土真宗と親しくつき合う本」野々村智剣 他著   探究社
・「浄土真宗門徒のたしなみ」(教養編) 藤岡正英 著 探究社
・「門徒もの知り帳」(上)・(下) 野々村智剣 著  法藏館
・「浄土真宗のおつとめと心得」 池田書店

■編集後記■
都市部には、地方の浄土真宗の土地から移り住んだ方々がたくさんいます。
これらの方々には、浄土真宗の葬送儀礼を教えて下さる長老の親族も身近になく、また有縁の寺院も地方にあるため、寺院・僧侶とも疎遠な関係にあり、家族に不幸があると相談する相手がいないのが現状です。
 愛する家族に対する最後の最も厳粛な儀式のために参考になれば幸いです。

 
   

目次に戻る

ホ−ムトップへ戻る



       


管理人活動地域:神奈川県 横浜市戸塚区,横浜市保土ヶ谷区,横浜市旭区,横浜市泉区,横浜市瀬谷区,横浜市栄区,鎌倉市,藤沢市,大和市,綾瀬市
Copyright (C) 1999-2000 All rights reserved.
(このホームページ内容の無断転載を禁じます)
ご法事での自宅訪問,葬儀事前相談,案内,生前予約,浄土真宗仏事電話相談,西本願寺法要浄土真宗本願寺派寺院


浄土真宗の寺院以外からのリンクは、原則お断りいたします。
 

東京都 神奈川県 川崎市多摩区 横浜市戸塚区 横浜市泉区 横浜市旭区 横浜市瀬谷区 横浜市栄区 横浜市 保土ヶ谷区 神奈川区 磯子区 港南区 鎌倉市 川崎市 大和市 綾瀬市 海老名市 藤沢市 茅ヶ崎市 逗子市 横須賀市 本願寺派 西本願寺派 西本願寺 法事 仏事 法名 墓 霊園 葬儀 相談 葬儀 準備 葬儀紹介 事前 安心 戸塚区 品川区 大田区 麻生区 都筑区 緑区 港北区 横浜市西区 中区 町田市 相模原市 中野区寺院紹介 寺院案内 僧侶派遣 公営斎場 火葬場 正式